心を満足させる遊び

【構成の研究】三谷幸喜さんの宣伝書き起こしを分析、そして。

今から2019年の東宝映画『記憶にございません!』脚本・監督の三谷幸喜さんによるYou Tubeのコマーシャル動画を文字起こしして、話す内容(文章)にどんな意図があるのか見てみましょう。

以下、You Tubeより引用致します。
なお、赤文字で裏の意図を記入いたしますので、同時に読み進めて頂けると、しっかりと作り込まれた内容がご理解頂けるかと思います。
どうぞ。

ナレーター(以下ナ):これは映画記憶にございませんの宣伝放送です

動画が始まりました。
状況説明ですね。

ナ:お話は脚本と監督の三谷幸喜さんです

何をしている誰が、これからここで何をするのかがわかります。

三谷幸喜(以下み):映画監督の三谷幸喜です

自己紹介ですね。

み:世の中には沢山のエンターテインメントがあります

“エンターテイメント”のお話にクローズアップ。

み:

  • 演劇
  • テレビドラマ
  • ミュージカル
  • 歌舞伎
  • パントマイム
  • フラダンス
  • コサックダンス
  • リンボーダンス

ここで少しテンポをズラすように、多すぎるくらい、「わかってるよ」って言う直前くらいの例を挙げます。

み:その中でも、僕は映画こそが最高の娯楽だと思っています

自らを滑稽に演出=視聴者のガードを下げる効果、続きを見たく、見やすくなります。

み:だから僕は映画を作ります

『監督』としてのPR。

映画の現場には沢山の職人がいます
ホースで雨を降らす名人もいます
彼らはどんな雨でも降らせることができるのです

  • 小雨
  • 霧雨
  • こぬか雨
  • 土砂降り
  • もっと土砂降
  • もっともっと土砂降り

彼らは映画のプロです
そんなプロの仕事がもっと見たい
だから僕は映画を作るのです

み:僕の新作映画が完成しました

み:タイトルは記憶にございません

み:日本を代表するコメディアンに志村けんさんがいます

み:

「志村うしろ!志村うしろ!」
あの志村けんさんです

み:

志村けんさんがこんなことを
言っています。
古今東西、いつの時代も自分が楽しいと思わない仕事から良い結果は生まれない
今回はとっても楽しい現場でした

み:

映画には2種類あります

面白い映画と面白くない映画です
でもそれを決めるのは
批評家ではありません
ネットのコメント欄でもありません
あなた自身です
ぜひ映画館に足を運んで
自分の目で見て
自分の耳で聴いて
確かめてみてください

み:

最後までご清聴
ありがとうございました。

引用ここまで。

脚本や監督はライターとも近い職種なので、動画やチラシなどの媒体を問わず、構成を大切に致します。

そのため勉強になる本をご紹介します。
『SAVE THE CATの法則で売れる小説を書く』や『クリエイティブの処方箋』が参考になります。
本屋さんでは映画や演劇といったカテゴリの近くですね。
私の場合は紀伊國屋書店さんでした。
って感じで、動線をもう少し作り込みます。
記事内に『ヨメレバカエレバ』ってコード?を貼り付けて、導入してあげれば、読者をアフィリエイトに誘導できます。
やるかやらないかは別として、構成のアイデアとしてお伝えいたしました。

ではまた。

文章を必要としている人を知りませんか?

当サイトでは、スピリチュアル(精神的)からフィジカル(物理的)まで、ご意向に合わせた記事制作のご依頼が可能です。
「読後心理への好影響」を目的とし、提供されるメディア様を通じて、理論体系に基づく記事を提供することで、精神・物理ともに満たされる三方良しのサポートを致します。
実績は、ランサーズほか、他記事からご覧いただけます。
サイトを通じ、コミュニケーションに喜んで頂け、売上につながることは、私個人の満足につながります。
伝えたいことはたくさんございますので、私も気軽なご挨拶から始めさせていただいております。
文章制作のご用命は、私「中田しんじ」までお問い合わせください。