心を満足させる遊び

不動産とインテリア

不動産とインテリアに関する実績をご紹介します。
大阪府大阪市は『創造社デザイン専門学校』の生活デザイン学科:インテリアコースを卒業。
また父親の職業では木工建築の工務店を営んでいる関係もあり、住まい関連には幼少期から深く関わりがあります。
そのためWEBライティング技術のみでは描ききれない、説得力のある文章提供が可能です。

不動産

HAL様

『失敗しない理想の家づくり』より引用します。

『賃貸と持ち家』どっちがお得?老後を判断基準に、今必要な3つの話

記事を読むことで自分自身の「賃貸と持ち家はどちらがお得なのか」についての答えが明確になり、次のステップに進みやすくなります。生涯の住まいは特に40代前後から下の世代の方が注目されている問題です。自分の答えを明確にする方法生涯の住まいを判断するための比較新築を望む方に今必要な3つお話主にこれらの3つをご紹介していますので、一生涯の住まい選びのご参考としてご覧ください。…

減少する年金の代わりに土地活用をして老後の資金不足に備える方法

【記事の要約】年金の受給額が減るってどういうこと? 年金だけで老後を乗り越えられるの? 自分で2千万円貯めないといけないの? 老後に向けて安定した不労所得が必要! このようなお悩みを持つ方に向けて、老後と年金の関係を解説したうえで、老後の資金不足を解消する方法として、土地活用がおすすめな理由をご紹介します。 豊かな老後生活の備えとしてぜひご参考にしてください。悩みや不安の内容 令和元年6月の内閣府の国民生活に関する世論調査で、悩みや不安の内容に関する世論調査の結果をまとめました。 …

田舎でも儲かる土地活用とは?アパート経営・駐車場・太陽光の利回り

【記事の要約】土地活用で気になる点は都会も田舎も共通しています。 このようなお悩みを持つ方に向けて、田舎でも儲かる土地活用についてご紹介します。 代表的な土地活用の例に紐づく基礎知識や法律、税制上の取り決めがわかるため、土地活用対策としてご覧いただけますと幸いです。 実質利回りを優先する 土地活用の前提として『実質利回り』を優先し考えるのが一般的です。 実質利回りとはNOI(Net Operating …

宍戸ペイントサービス様

自社オウンドメディアより引用します。

【アパートオーナーの方へ】アパート塗装工事で収益が変わる?塗り替えのコツを教えます!仙台・名取の外壁塗装は宍戸ペイントサービス

サザビーズインターナショナルリアルティ様

サイト『TOKYOタウンガイド』より引用します。

【中古マンション購入で成功する方法】中古マンションを買うなら築浅と古いもの、どっちが得? 新築にこだわらなければ、中古マンション購入をおすすめしたい理由 不動産売却・不動産購入に適した会社は?不動産会社の強みを知る! 中古マンション購入で押さえるべき資金計画!ローン編 不動産会社の仲介の仕組み:共同仲介と単独仲介とは?

株式会社プラスワン様

サイト『家売る幸作』より引用します。

和室のメリットとは?畳のプロに聞いてみた

インテリア

New Normal様

サイト『New Normal』より引用します。

人事のeNPS導入で従業員ロイヤルティを獲得? 従業員の本音がわかる、eNPSの概要とは | NEW NORMAL オフィスにおけるバックオフィスの問題とは? インテリアや家具を通じてチームを底上げする | NEW NORMAL 人事が職場環境を左右する? スタッフが働きやすい環境とは | NEW NORMAL オフィスの雰囲気が悪い? 経営者が雰囲気改善のためにできること | NEW NORMAL バックオフィスのやりがいは自社の成長! インテリアから働きやすい空間を作る | NEW NORMAL

株式会社リホーム様

サイト『Re:Home』より引用します。

制作ご対応中は、職歴の『有限会社セリオスライン』他、ECサイトの運営経験を活かすことができました。

座り心地がいいクッションタイプのイームズチェアでお部屋をおしゃれに

文章を必要としている人を知りませんか?

当サイトでは、スピリチュアル(精神的)からフィジカル(物理的)まで、ご意向に合わせた記事制作のご依頼が可能です。
「読後心理への好影響」を目的とし、提供されるメディア様を通じて、理論体系に基づく記事を提供することで、精神・物理ともに満たされる三方良しのサポートを致します。
実績は、ランサーズほか、他記事からご覧いただけます。
サイトを通じ、コミュニケーションに喜んで頂け、売上につながることは、私個人の満足につながります。
伝えたいことはたくさんございますので、私も気軽なご挨拶から始めさせていただいております。
文章制作のご用命は、私「中田しんじ」までお問い合わせください。