心を満足させる遊び

スマートシティ法案の顔認識システム関連記事にできる?プライバシーバイザーとは(PrivacyVisor®)

プライバシーバイザー(PrivacyVisor®)とは、意図しないプライバシーの侵害を防止できるメガネです。
国立情報学研究所 越前功教授の協力により株式会社前澤金型が商品化。
登録商標第5653596号及び特許第6108562号を取得済。
装着するだけで顔認証センサーに顔検出されなくなるため、スマートシティ法案の可決に伴い注目されています。

但しこれらのメガネは、顔認識テクノロジーを使用するセキュリティによって自動的にフラグが付けられるとの噂があるため、不安の解決にはなっていません。(執筆時点:2020年5月28日)引用元:ギズモードの記事

プライバシーバイザー(PrivacyVisor®)は現在商品化されています。
公式サイトでは、ライセンス情報の他、自分の勤務先や趣味などが知られない工夫が制作者と共に紹介。
また注目度が高まることでデザイン・バリエーションなどの向上も十分考えられる。
開発は日本の会社ですが、私達は自由な発想や技術力を守る必要があると感じました。

概要を動画で把握していきましょう(音声あり)

https://youtu.be/mvEusbum2so
動画はプロトタイプ
執筆時(2020年5月28日)のアマゾンでは品切れ中…

スマートシティ法案が可決された日のTwitterでは次の声がありました。

https://twitter.com/brokenwordz/status/1265528110470107136
Q-ILL氏:@brokenwordzのツイートより転載させていただきました
toご迷惑であれば削除いたしますのでご連絡ください。

Googleトレンドでは、大阪府と東京都、愛知。
やはり法案が通された日に検索数の上昇が見られましたが、キーワードプランナーではMax1,000ボリュームの競合性は「低」。
ここまでを踏まえると、今後の展開が気になるキーワードですね。

執筆をご依頼される場合は、記事の構成や切り口など、文字数、帰結を含めてご相談頂けますと幸いです。

引用元:公式サイト
引用元:ギズモードの記事
以上。

ありがとうございました。
次の記事もよろしくお願い致します。

文章を必要としている人を知りませんか?

当サイトでは、スピリチュアル(精神的)からフィジカル(物理的)まで、ご意向に合わせた記事制作のご依頼が可能です。
「読後心理への好影響」を目的とし、提供されるメディア様を通じて、理論体系に基づく記事を提供することで、精神・物理ともに満たされる三方良しのサポートを致します。
実績は、ランサーズほか、他記事からご覧いただけます。
サイトを通じ、コミュニケーションに喜んで頂け、売上につながることは、私個人の満足につながります。
伝えたいことはたくさんございますので、私も気軽なご挨拶から始めさせていただいております。
文章制作のご用命は、私「中田しんじ」までお問い合わせください。